読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃色炭酸水の海で溺死

報われたい人生だった

あの雲は有人飛行船

良い思い出を書いた方が幸せになれることを信じて。




ひとつ。明日から新しい仕事です。悉く面接で落とされていたのでインテリヤクザをイメージして面接に挑んだら採用されました。気力って大事。今度は長く勤められるように大人にならねば。



ふたつ。自分の文章を褒められる機会がありました。短い文章だけど人に読んでもらうのはないことなので嬉しいです。



みっつ。美容院で髪を明るくしてもらいました。ブリーチでボロボロなんですけど赤みのない外国人風になりました。ケア頑張ります。



よっつ。ワンダーハニーの入浴剤を入れてコントレックスを飲みながら入浴してる。おしゃれだよ(迫真)



いつつ。キャンメイクのグロスがかわいいピンクだった。ヘビロテします。KATEのCCと合わせるのがお気に入り。





やはり美容やコスメはテンションが上がります。ギャルってかわいい。

自死と孵化

朝に産まれて、夜に死ぬ。

夜には死んで、朝には産まれるのです。










明日のわたしは今日のわたしとどこか違うのかもしれない。変わったことにさえ気付かないし、変わったとしてもそれを自己認識できることはないと思う。

わたしの知らないわたしが夜に死んで、わたしの知らないわたしが明日の朝に産まれる。

悪いことを引きずるわたしは、わたしが殺してしまおう。明日のわたしのために。

だから夜はおやすみ。

一緒に暮らしている猫を病院に連れて行きました。一昨日から餌も水も摂らず動かないので生きた心地がしませんでした。

採血しても健康で原因が分からず、点滴で脱水を治してもらいました。

今は昨日より元気です。おばあちゃんだけど長生きしてほしいです。

メイクの話2

メイクが迷走している。




最近はKATEのファンデとキャンメイクのフェイスパウダーで土台をしっかりつくって、チークとリップもしっかり。つけまつけてカラコンはハーフ系の。

KATEのダブルラインフェイカー買いました。一重なので二重が偽装できます。イイ。

古書店街の橋姫がすごい

古書店街の橋姫、フルコンしました。

ツイッターで恐ろしいほどおすすめされていたので体験版をやって「こいつぁやべえ」と思ってすぐ注文しました。

ルート別に簡単に感想を。ネタバレあります。






●水上ルート

選択肢はないのでそのまま水上ルートに入ります。

正直、気が滅入ります。首を吊るだけではなく玉森くんの目の前で自殺します。何度も何度も。玉森くんだけでなくこちらも気が狂いそうになります。

水上が死のうとするのは玉森くんが水上を掬うことを防ぐため、だけどタイミングを逃していて、店主(=玉森くん)から地下室の怪人の結末を渡され読み終わり死に時を見つけた、ということでしょうか。

終盤の水上と花澤が軍刀で戦うスチルは鳥肌が立つほどかっこよかった…。水上、本当はめちゃくちゃ強いんですよ…水上も花澤も死んでしまうんですけど、この世界軸ではカオルが助けにきて死んでしまうのでひたすら泣いていました。

そして最後に水上が前世よりもずっと前から玉森くんのことが好きだったことが分かります。ここでもずっと泣いてます。

水上は子供時代に玉森くんを掬っていたんですね。23回も。あとから分かるんですけどこれは川瀬が玉森くんを殺していたという…なんという………。

最後の水上のスチルが最高でした。水上かっこいい…好き…。

あとから気付いたんですけどこの時点で玉森くんの橋姫は結果的に水上に移動してるんですね…。不安が残るラストだ…。






●川瀬ルート

選択肢が出てきます。手を取るで川瀬ルートに進みます。

川瀬ルートは玉森くんとの恋愛を楽しむのではなく、川瀬の過去や葛藤などを知ることになるのでかなり精神的にキツイです。本当に酷い過去だった…。

川瀬の潔癖症の原因が実父からの性的虐待という…。他人の肌が触れただけで嘔吐してしまう。

川瀬は玉森くんがすべてなんですよね。花澤にはそれと違う思いがあるので再会した時号泣していたんですけど(この時点で川瀬にシャブみを感じていた)、川瀬は川瀬なりに玉森くんに対する想いがあったわけです。

橋姫の力を手に入れた川瀬が未来のことや水上の想いを知って、玉森くんと首を締め合うスチルでもうボロ泣きですよ…。エロシーンで自分が受け入れる役になるのも厭わず慣らそうとしてるのを見てさらに泣く。どれだけ父親から性虐待されていたのか分かってしまう…。

結局玉森くんと川瀬は友達止まりなの???と戸惑っていたのですが後日談を読んで落ち着きました。両想いでした。

なんか……川瀬のことをあんまりうまく話せない……重すぎて……。最初は川瀬の性格や言動が理解できなかったんですけど、川瀬の経験したことを踏まえると歪んでしまうのは仕方ないことなんだなと思えます。

花澤を慕っていたり、見知らぬ人や加東くんを助けたり、その一方で残忍なところがある。

わたしじゃ説明できないからもっと語彙力のある人がプレゼンして…。ちなみに花澤と博士ルートで川瀬の可愛さが爆発します。この男、油断ならねえ。







●花澤ルート

実はそんなに響くところがなかった…。花澤が水上と川瀬を殺した時点でサーっと冷めてしまって…。

でも花澤も玉森くんも決して真っ当な人間ではなく、むしろクズな方な人間なんだなと思うと安心するというか。玉森くんや川瀬が花澤に夢を見ていただけで、花澤自身はもっと自由になりたかった。つらいなぁ…。






●博士ルート

一つ納得しないところがあって、博終始穏やかだった砂山さんが一剣さんを殺して自分も力尽きて死んでしまう世界で、どうして玉森くんは失明した博士を置いていってしまったんだろうと思ってました。時空を越えられるチャンスがあったのにどうしてその世界に戻らなかったんだろうと。(というか砂山さんと一剣さんの話がつらかった…自分の産んだ子供を流されて砂山さんはああなってしまったとか…砂山さんが目を差し出さなかったことに憤る一剣さんとか…それぞれ主に対する愛の形は違うんですよね…)

一剣さんと砂山さんを置いて博士が簡単に時間を戻してしまったことに対する罪なのかなぁ…。

自分は時間を戻せてもその世界ではその人がいないまま世界は続いていって残される人がいる。

ここにきて玉森くんが何度も時間を戻していたことの重大さに気付きました。







●カオルルート

ショックすぎて半分気を失ったまま進めていました。

水上、川瀬、花澤は子供時代に既に首を吊って死んでいてこれまでのことは玉森くんの幻想だったというオチです。

ええっ…水上の想いも川瀬の想いも全部空想…?!

公式の解説を読んだのですが余計に落ち込みました…。水上ルートの玉森くんが将来的にカオルルートの店主になって、カオルルートの玉森くんが正史になると…。す、救いがない。







●まとめ

最高でした。シーンごとの音楽がすごく良かったです。鼻水垂れ流しながら号泣しました。ゲームが終わっても後日談やQ&Aがあるというアフターサービス。

玉森くんを含め、全員が善人ではないところがグッときました。それぞれ隠し事があったり他人がどうでもよかったり憎んだり殺したり、人間らしさがあります。

水上ルート全般、玉森くんが水上に対する気持ちは本人が気付いていないだけで愛だったこと、そして店主も水上のことが好きで物語が始まっていくことから真相ルートが水上でも良かったのではと思いました。(でも川瀬にも幸せになってほしいしそうすると水上が幸せにならないし無限ループ)


まだコンプしたばかりなので整理すると


玉森くんが水上の想いに気付かない世界で水上が橋姫の代わりになる(玉森くんが水上の遺言通り、水上を殺すことを決める)→水上ルート(水上の自殺を止めるハッピーエンド)→※再び玉森くんが橋姫になり、子供時代の三人を殺す(その世界の玉森くんが育つ)→育った玉森くんが水上ルートの玉森くんを殺す(カオルルート)


※ここがまだ整理しきれてない…。どうしてここでまた時間を戻す必要があったのか。軍との衝突が原因だけどこれは避けきれない運命だったのかな。この時点で橋姫の力は水上にある→雨水は保存されてるから軍に協力しようと思えばできなくはない。


?????????


わたしの理解能力のなさが露呈してて恥ずかしいのですが再プレイしたら加筆します…。


微熱の空気

体調がとても悪いです。

今日は出かけられないようです。家にいるのはつらい。悪いことが続いてトチ狂いそうです。





元気になったらオムライスを作る。

サウナに行く。

ジーンズを買いに行く。


臆病で傲慢な女は流刑

体調が悪いのと、肌がぼろぼろなのと、眠れないのを考えながら今日も早朝にサウナに行くか悩んでいます。

社会的なことでドッと疲れが出ました。




18歳からその後は余生です。




カラコンやめたいです。

ナチュラルな可愛さを求めたところでもさいおばさんになってしまうことが何よりも恐ろしいです。